旅行

【2018→2019】元旦の午前2時から東京ディズニーランドへ行ってきた!アトラクション混雑状況まとめ!

ディズニーランド 2019年元旦

皆様こんにちは、タカムラマサユキ(@roze7361)です。

先日、ひょんなことから元旦の午前2時から東京ディズニーランドに行ってきました。

通常の営業時間は午前8時〜午後10時ですが、元旦限定で午前2時から入場できるんですよね。

午前2時から入場できる理由と、私が乗った各アトラクションの待ち時間についてまとめてみました。元旦のディズニーランドに行く予定の方のお役に立てば幸いです!

ディズニーは毎年、年越しイベントを開催している!

ディズニーは毎年、年越しカウントダウンイベントを開催しています。

2018年〜2019年も同様で、「東京ディズニーランド 東京ディズニーシー ニューイヤーズ・イヴ」と銘打ったイベントが開催されていました。(リンク先は、サービスページのGoogleキャッシュ)

ニューイヤーズ・イヴに参加するには特別なパスポートが必要で、この特別パスポートを使うと、12月31日の午後8時~1月1日午後10時と26時間もの間、園内に滞在することが出来ます。

通常の営業時間が午前8時〜午後10時の14時間というのを考えると、めちゃくちゃ長いですよね。

とはいえこの特別パスポート、抽選をしないと入手する事ができません。

2018〜2019年用の特別パスポートについては第3回応募まで行われており、当選倍率もとても高いようです。

そりゃー年末年始で、しかもみんな大好きディズニーとなると、お祭り感MAXで行きたい人沢山いそうですよね。抽選になるのも納得です。

一般参加者は元旦の午前2時から入場できる!

特別パスポートの抽選に漏れたら年越しこそ出来ませんが、午前2時から一般枠として入場する事が可能です。

年越しイベントから引き続き滞在している所に合流するようなイメージですね。

「そんな時間だと終電終わってるじゃん!舞浜までいけない!」と思いきや、JRや地下鉄は大晦日から元旦にかけて終夜運転を実施しているため、割と行けてしまうのです。

上記の事実を年越し寸前に知り、年越し特有の酔っ払ったテンションも相まって午前2時から実際にディズニーランドへ行ってみました。

実際に行ってきた!

というわけで、お正月のディズニーランドに実際に行ってきました。

今回はディズニーシーではなく、ディズニーランドの方です。2年ぶりくらいの訪問でした。

東京ディズニーランド 元旦

入口の脇には、門松が飾ってありました。

東京ディズニーランド 元旦②

中にも年越しイベントから引き続き大量の人が残っており、丑三つ時とは思えないほどの人数で溢れかえっていました。

東京ディズニーランド 元旦③

このような状況で各アトラクションの混み具合がどんな感じか、見て回ってきました。

お正月ディズニーのアトラクションの待ち時間!

さすがに年越ししてから全力でアトラクションを乗り回すようなタフな人は少ないようで、全体的に待ち時間は短かったです。

最短で10〜15分、最長でも1時間待ち程度といった具合でした。

私はあんまりディズニーには詳しくないので回り方はかなり適当でしたが、それでもかなりの数のアトラクションに乗ることが出来ました。

以下では、私が乗れたアトラクション名及び待ち時間(カッコ内に時間)を記載しておきますね。

スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー(15分前後)

東京ディズニーランド 元旦 東京ディズニーランド 元旦 スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

3D映像となった「スター・ウォーズ」の世界へようこそ。おなじみの人気キャラクターと一緒に、これまで以上の迫力と臨場感で予測不能な宇宙旅行を楽しもう!
引用元:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/183/

一番最初に乗ったアトラクションです。待ち時間は15分程度と案内されました。
3Dメガネを使ってド迫力のアドベンチャーを体験できるアトラクションで、久しぶりに乗りましたがなかなかにエキサイティングでしたね。

イッツ・ア・スモールワールド(15分前後)

東京ディズニーランド 元旦 東京ディズニーランド 元旦 イッツ・ア・スモールワールド

世界中の子供たちが各国の民族衣装で歌う「小さな世界」。そのハーモニーを聞きながら、ボートはヨーロッパからアジア、アフリカ、中南米、南太平洋の島々へと世界一周の幸福な旅へ。
引用元:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/172/

イッツ・ア・スモールワールドは、こちらも早めで15分くらいで案内されました。
リニューアル後に初めて訪れましたが、なんだかファンシー具合が上がっているような気がしました。

東京ディズニーランド 元旦 東京ディズニーランド 元旦 イッツ・ア・スモールワールド②

ホーンテッドマンション(30分前後)

東京ディズニーランド 元旦 東京ディズニーランド 元旦 ホーンテッドマンション

不気味にそびえるゴシック風洋館。ここに住む999人の幽霊たちは、皆さんを1000人目の仲間に加えようと待ち構えています。目が光る肖像画、人もいないのに突然鳴りだすピアノ。そしていつの間にかあなたの隣に座るのは…!?
引用元:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/171/

ホラー要素強めの「ホーンテッドマンション」は30分待ちでした。
時間帯は深夜5時過ぎ。冷え込みもピークに近い時期でしたが、かなりの人数が並んでいました。

ミッキーのフィルハーマジック(10分未満)

東京ディズニーランド 元旦 東京ディズニーランド 元旦 フィルハーマジック

聴いても見ても楽しい魔法のコンサートには、ミッキーマウスやドナルドダックのほか、たくさんのディズニーキャラクターが登場!さあ、ドナルドと一緒に息を飲むようなディズニーアニメーションの世界へ!
引用元:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/167/

 

ミッキーのフィルハーマジックは比較的空いており、10分しないくらいで中に入れました。

こちらもスター・ツアーズと同じく3Dメガネを使うアトラクションで、隣の席に座っていた5歳くらいの女の子が飛び出てくる映像にとてもびっくりして新鮮なリアクションをしていたのが微笑ましかったです。

なお、ミッキーのフィルハーマジックに案内されたのは午前6時前。その女の子は一体何時から起きていたのでしょう…。ちょっと気になりました。

スペース・マウンテン(40〜50分前後)

東京ディズニーランド 元旦 東京ディズニーランド 元旦 スペース・マウンテン

巨大なドーム型の建物は神秘的なライトに照らされ、内部の宇宙ステーションには未知のエネルギーを貯えた最新型の宇宙船が到着している。さあ、新型ロケットに乗ってスリリングな宇宙旅行へ出発しよう!
引用元:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/184/

スペース・マウンテンは、人気アトラクションということもあり、40〜50分くらいでの案内でした。

視界がほとんどない状態でジェットコースターに乗る事になるアトラクションで、乗る度にかなりビビらされます。

こちらは待ち時間が他と比較して長かったので 、ファストパスを取ってスムーズに入場しました。

東京ディズニーランド 元旦 東京ディズニーランド 元旦 スペース・マウンテン(ファストパス)

ロジャーラビットのカートゥーンスピン(10分前後)

東京ディズニーランド 元旦 東京ディズニーランド 元旦 ロジャーラビットのカートゥーンスピン

トゥーンタウンの裏通りや路地をキャブに乗ってドライブ。でも気をつけて!悪党のイタチたちがトゥーンを溶かす毒薬でロジャーラビットを消してしまおうとたくらんでいます。さあ、あなたは無事に帰りつけるかな!?
引用元:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/175/

ロジャーラビットのカートゥーンスピンは、10分前後での案内でした。

こちらは初めて乗りましたが、カートの動きが結構激しくてちょっと怖かったです。

この時点で、朝の7時ぐらい。外は既に明るくなっています。

カリブの海賊(15分前後)

東京ディズニーランド 元旦 東京ディズニーランド 元旦 カリブの海賊

ボートの上を飛びかう砲弾、巻き上がる水しぶき、怒鳴りあう海賊たちの荒々しい声。何度体験しても、いつも初めて味わうような興奮につつまれる大迫力のアトラクションといえば「カリブの海賊」。ディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のキャプテン・ジャック・スパロウら映画のユニークなキャラクターたちも登場。想像力の粋を結集したこの傑作を知らずに、アドベンチャーの世界は語れない。
引用元:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/152/

カリブの海賊は15分ほどで案内されました。

アトラクションの人形が表情も動くタイプのものでしたがやたらリアルで、現代のテクノロジーの凄さを実感しました。

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(30〜40分前後)

東京ディズニーランド 元旦 東京ディズニーランド 元旦 バズライトイヤーのアストロブラスター

ディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー』の“バズ・ライトイヤー”が活躍するアトラクション。彼が率いるスペースレンジャーの一員となってスペースクルーザーに乗り込み、冒険の旅へ。搭載された“アストロブラスター(光線銃)”を使い、次々と現れるロボットや秘密兵器などのターゲットを狙う、シューティングタイプの参加型アトラクションです。さあ、仲間と力を合わせて、悪の帝王ザーグから宇宙の平和を守ろう!
引用元:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/185/

最後に乗ったアトラクションが、バズ・ライトイヤーのアストロブラスター。
こちらも人気で待ち時間は30〜40分くらい。元々人気そうだと見越してこちらもファストパスでスルッと入場しました。
東京ディズニーランド 元旦 東京ディズニーランド 元旦 バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(ファストパス)

スプラッシュ・マウンテン、プーさんのハニーハント、その他乗れなかったアトラクション

上記が私が実際に乗れたアトラクションでの待ち時間でした。

それ以外のアトラクションについては乗ることが出来ず、近場まで行って軽く確認した程度ですが、概ね以下のとおりです。

  • スプラッシュ・マウンテン→50分前後
  • プーさんのハニーハント→50分前後
  • その他→10〜30分前後
やはり、通常営業時よりも待ち時間は短いですね。

まとめ:お正月ディズニーランドはおすすめ!

ということで、今回はお正月ディズニーランドのアトラクションの混雑具合についてまとめてみました。

やはりド深夜ということもあって待ち時間は短く、実質滞在時間5時間程で8アトラクションと、かなりの数を回れました。もっと戦略的に回る事ができれば、より沢山乗ることも簡単かと思います。

来年の元旦のアクティビティの一つに、深夜からのディズニーランド参戦も選択肢に入れてみては如何でしょうか?家で年越しのテレビを見終わってから動き出す事もできるので、一日を有効に使うことができるかと思います!体力は必要ですけどね!!!!!

それでは!

ABOUT ME
Masayuki Takamura
多趣味なリーマン。音楽・ゲーム・旅行等を中心に、興味を持った事柄について取り上げていきます。