MENU
旅行

T・ジョイSEIBU大泉に行ってきた!東映作品好きにはたまらない場所でした。

T・ジョイSEIBU大泉 入り口

T・ジョイSEIBU大泉に行ってきました!

映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』を見ることが目的だったのですが、東映縁の地という土地柄もあってT・ジョイSEIBU大泉そのものも見どころが多かったので、施設についても含めて簡単にまとめてみました。

T・ジョイSEIBU大泉って?

T・ジョイSEIBU大泉とは、東京都練馬区東大泉にあるシネマコンプレックス(映画館)です。たくさんスクリーンがある映画館ということですね。

運営は、株式会社ティ・ジョイ。東映グループの1社です。

周辺は東映関連施設がたくさん!

大泉という土地がかねてより東映と縁の深い街で、T・ジョイSEIBU大泉も東映関連施設に囲まれています。

例えば、日本のアニメ黎明期からのアニメーション制作会社『東映アニメーション』大泉スタジオが、T・ジョイSEIBU大泉と道を挟んで向かいにあります。ここでプリキュアやワンピース、ドラゴンボールが日々製作されているのです。

T・ジョイSEIBU大泉 東映アニメーション

東映アニメーション大泉スタジオには、無料で充実したコンテンツが準備されている『東映アニメーションミュージアム』も併設されているので、是非T・ジョイSEIBU大泉での映画鑑賞とあわせて訪問してみて下さい。私も同日訪問して、その時のことを記事にしています。よければ当記事と一緒にどうぞ↓

東映アニメーションミュージアム 入り口
東映アニメーションミュージアムに行ってきた!『東映アニメーションミュージアム』に行ってきました! 今回、プリキュア15周年記念映画である『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリ...

また、T・ジョイSEIBU大泉の裏側には実写映像のスタジオ『東映東京撮影所』もあり、東映好きにはたまらない場所なのです。

それ以外にも、プリキュアの映画が公開される際には深夜の最速上映会が行われていたりして、プリキュアの聖地とも化しています(参考)。

[the_ad id=”285″]

東映色の強い入り口からエントランス部

入り口

入り口は2階にあり、奥に見えているエスカレーターで更に上に上がったところにチケット売り場があります。

T・ジョイSEIBU大泉 入り口

歴代平成仮面ライダーのレリーフ

エスカレーターの脇には、歴代平成仮面ライダーのレリーフが飾ってありました。これは2018年12月22日公開の「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」に関連して設置されているようですね。

T・ジョイSEIBU大泉 エスカレーター脇の仮面ライダー

東映東京撮影所貢献者の手形

エスカレーターを登って真正面に、東映東京撮影所に貢献された方の紹介と手形が設置されていました。東映の会長さん、社長さん、俳優さんや監督さん達です。

藤田まことさん、森光子さん、深作欣二監督、水谷豊さん等々、貢献者と呼ばれるだけあり大御所ばかりです。

T・ジョイSEIBU大泉 東映東京撮影所貢献者

高倉健さんと吉永小百合さんのコーナー

東映東京撮影所貢献者の手形の脇には、更に大きな場所を取って高倉健さんと吉永小百合さんのコーナーが設けられていました。

高倉健さんと吉永小百合さんの2人は貢献具合がレジェンド級のためか、手形を超越した腕形が置かれています。

2人が共演した映画『動乱』のワンシーンが大きくプリントされたポスターも貼ってあり、高倉健さんと吉永小百合さんは格が違うんだなぁとしみじみ思いました。

T・ジョイSEIBU大泉 高倉健 T・ジョイSEIBU大泉 吉永小百合

エントランス(休憩スペースもあるよ!)

エントランスはかなり広々しており、非常に綺麗な印象を受けました。

訪問日が日曜日だったため混雑しており写真が取れなかった為、オフィシャルホームページの画像を引用します。

T・ジョイSEIBU大泉 内装
引用元:KINEZO(http://kinezo.jp/pc/facilities/t-joy_oizumi?ush=1207813#access

上記画像の、天井に近い黒いスペースには、仮面ライダーの映画の横断幕が掲示されていました。やはり東映、抜かりない。

T・ジョイSEIBU大泉 仮面ライダーのポスター

また、エントランスにはカウンター型の休憩スペースが準備されており、そこで皆の目的な映画が上映される時間まで待機しているようでした。混雑しており写真取れず残念…。

館内のあちこちにプリキュア!

プリキュア映画が公開されているタイミングだったせいもあってか、館内のあちこちにプリキュアが散りばめられていました。

「はしるとあぶないよ!」という注意喚起だったり、「トイレはこっちだよ!」と施設の案内もしてくれていました。

T・ジョイSEIBU大泉 プリキュア①

休憩用カウンターの壁にも、プリキュア!

T・ジョイSEIBU大泉 プリキュア②

更には、今回の映画の設定資料まであり、プリキュアファンにとってはたまらない空間でした。この設定資料の下には歴代の変身グッズや物販の品々が置いてあり、お子さんたちが食い入るように見ていました。憧れのおもちゃが大量にあるんだから、そうなりますよね。

T・ジョイSEIBU大泉 プリキュア設定資料集

[the_ad id=”285″]

スクリーンの設備も充実!

今回案内されたシアター1には、「GOLD THEATER」というレリーフが掲げられていました。

T・ジョイSEIBU大泉 シアター1

GOLDとまで付くんだから何か違うんだろうなぁと思って調べてみたら、かなり充実した設備を導入していたようです。以下は公式ホームページからの引用です。

ゴールドシアター誕生「JBL 4WAYシネマ・スピーカー設置」

T・ジョイ SEIBU 大泉のメインシアターであるシアター1に国内3スクリーン目にして都内では初導入となる、JBL PROFESSIONAL最上位機種「JBL PROFESSIONAL 4WAYシネマ・スピーカー」。
そして全シアター「パール・スクリーン」を導入。
従来のシアターと比較して、より鑑賞に適したハイクオリティーなシアターへと進化した、シアター1「GOLD THEATER(ゴールド・シアター)」が誕生いたしました。

全シアターデジタル上映対応

9つあるシアター全てにデジタルシネマプロジェクターを設置。
デジタル上映ならではの臨場感あふれる鮮やかな色彩にて、映画の上映はもちろん、演劇、スポーツ、格闘技、コンサートなど、多彩なデジタルコンテンツの上映が可能です。

美しさが違う高画質映像「4K」

日本国内初導入のソニー製 4K“SXRD”デジタルシネマプロジェクターを5つのシアターに導入。
フルHD(207万画素)の4倍を超える885万画素の解像度で、圧倒的な臨場感の映像をお楽しみ頂けます。4Kプロジェクターは1,2,3,6,8の各シアターに設置しております。
引用元:KINEZO(http://kinezo.jp/pc/facilities/t-joy_oizumi?ush=1207813#access

画像は非常に綺麗でしたし、キャラクターたちの声もBGMもよく響く、いいスクリーンでした。

また、シアター1とは関係ありませんが、他スクリーンで対応している3D上映についても、かなりこだわった設備を導入しているようです。以下は公式ホームページからの引用です。

リアルな発色とシャープな立体映像「DOLBY 3D」

当館では都内でも数館しか導入していない「DOLBY3D」を採用しております。
他3D方式に比べ、座席の位置による効果の差が少なく、色彩の高再現が可能です。
T・ジョイ SEIBU 大泉の「DOLBY3D」で、映画の未来をご体感下さい。DOLBY3Dは4,5,7,9シアターに設置しております。

引用元:KINEZO(http://kinezo.jp/pc/facilities/t-joy_oizumi?ush=1207813#access

ブランケットやチャイルドシート(座高の低い小さな子が目線を上げるための座布団)は無料で貸し出してくれるという、かなり親切な映画館です。
[the_ad id=”285″]

料金体系

料金体系に特筆すべき点はありませんが、念の為記載します。

公式ホームページからの引用です。

通常料金

一般

1,800

大学生・専門学生・高校生

学生証が必要
1,500

3歳以上~中学生

中学生は要生徒手帳
作品によっては2歳以上から料金が発生します。
3歳未満のお客様にお座席が必要な場合は小人料金¥1,000が発生いたします。
¥1,000

障がい者手帳をお持ちの方
お付添いの方1名様

障がい者手帳を必ずご提示ください。
それぞれ¥1,000

 

3D 作品鑑賞料金

一般・大学生・高校生・専門学校生

¥2,000

中学生以下・シニア・障がい者手帳をお持ちの方

¥1,500
各作品前売券をお持ちの方+¥300
当シアターは全席指定・定員入れ替え制・全シアター車椅子席を完備しています。

割引システム

レイトショー(毎日20時以降上映開始作品)

¥1,300
ファーストデー
12月を除く毎月1日
1,100

映画の日(12月1日)

1,000

レディースデー(女性限定/毎週水曜日)

1,100

シニア(60歳以上の方)

要証明書
1,100

夫婦50割引

ご夫婦のどちらかが50歳以上でご夫婦で同一上映回をご鑑賞の場合
要証明書お二人で
¥2,200

SEIBU PRINCE CLUBカード割引

カード1枚提示で6名まで有効
*一般 ¥1,800 → ¥1,600
*学生 ¥1,500 → ¥1,300
*小人 ¥1,000 → ¥800
引用元:KINEZO(http://kinezo.jp/pc/price/t-joy_oizumi?ush=1207813

[the_ad id=”285″]

アクセス

公共交通機関でのアクセス

電車で行く場合、最寄り駅は西武新宿線の大泉学園駅です。大泉学園駅から徒歩15分程の距離にあります。

バスで行こうとする場合は、東映撮影所前が最寄りのバス停になります。大泉学園駅前から直通のバスがあるので、それに乗って下さい。

駐車場

T・ジョイSEIBU大泉が入居しているオズスタジオシティと向かいのLIVINオズの駐車場と提携しており、合計800台分は確保しているようです。

また、映画を見た人には割引サービスもあるそうです。以下は公式ホームページからの引用です。

映画をご覧頂いたお客様には、お車のご入庫時間からの下記無料サービスをさせて頂きます。
映画1作品鑑賞:3時間無料サービス
映画2作品鑑賞:6時間無料サービス
映画1作品鑑賞+劇場売店にて1000円以上の購入:6時間無料サービス
引用元:KINEZO(http://kinezo.jp/pc/facilities/t-joy_oizumi?ush=1207813#access

住所・電話番号

住所

東京都練馬区
東大泉2-34-1
オズスタジオシティ4階

電話番号

03-5933-0147
(自動音声案内による24時間受付)

引用元:KINEZO(http://kinezo.jp/pc/facilities/t-joy_oizumi?ush=1207813#access

[the_ad id=”285″]

T・ジョイSEIBU大泉はいいところでした!

T・ジョイSEIBU大泉についてまとめてみました。

東映という映画界最強クラスのバックグラウンドを持つ土地にある映画館というだけあって、東映関連の展示物が多くあり、映画館自体に見どころのあるという面白い場所でした。

東映関連の映画(特に特撮・プリキュア)を見ようという際には、周辺施設の観光がてら是非訪れてみてください!

それでは!

ABOUT ME
Masayuki Takamura
多趣味なリーマン。音楽・ゲーム・旅行等を中心に、興味を持った事柄について取り上げていきます。