Web

スプレッドシートで行と列を固定する方法

スプレッドシート 固定 表示

スプレッドシートで行と列を固定する方法についてまとめました。

Excelをはじめとした表計算ソフトで作業をする際、特定の範囲を常に表示しておきたいという時、ありますよね。

スプレッドシートでも行と列を固定する事が可能ですが、Excelとは操作方法が異なっているので、「どうすれば行と列を固定できるかわからない!」という方もいるかもしれません。

ということで、今回はスプレッドシートで行と列を固定する方法について、詳細に書いてみました。画像とテキストで1ステップずつ解説しているので、是非お役立てくださいませ。

スプレッドシートで行と列を固定する方法(まとめ)

お忙しい人の為に、まず簡単に行と列を固定する方法をまとめると、以下のような感じです。

  • 1・2行目及び1・2列目を固定する場合は、『「表示」タブ→固定』の項目に入って固定する。
  • 1・2行目及び1・2列目以外の所で固定する場合は、固定したい部分を指定した上で、『「表示」タブ→固定』の項目から固定する。

文章だけだと分からん!って方は、以下で詳細を解説しますのでご心配なく。

スプレッドシートで行と列を固定する方法(詳細)

それでは、スプレッドシートで行と列を固定する方法の詳細説明に移ります。

サンプルで適当な表を作ってみました。適当な出荷表みたいなイメージです。

スプレッドシート 固定上記表の中で、「種別」の列と行を固定していきます。

「表示タブ」から固定範囲の設定を行う

ファイルタイトルの下の部分に幾つかタブがありますが、その中で「表示」をクリックして下さい。そして表示されるプルダウンの中の「固定」をクリックして下さい。

そうすると、行と列の固定についてのメニューが表示されます。それぞれの意味は以下のような感じ。

行の部分

  • 行なし…行を固定しない
  • 1行…上から1番目の行(1行)で固定
  • 2行…上から2番目の行(2行)で固定
  • 現在の行(数字)まで…指定した行で固定

1行と2行については、どの箇所を選択していようが上から1番目及び2番目の行を固定されるので、手っ取り早く該当の行を固定をしたい時は特にどこも指定をせず1行・2行を選んでしまえばよかったりもします。

スプレッドシート 固定 表示

列の部分

  • 列なし…列を固定しない
  • 1列…上から1番目の列(1列)で固定
  • 2列…上から2番目の行(2列)で固定
  • 現在の列(数字)まで…指定した列で固定

列についても、前述の行の各項目と同じ意味合いです。1列と2列については、これまた同じく、どの箇所を選択していようが上から1番目及び2番目の列を固定されるので、手っ取り早く該当の列を固定をしたい時は特にどこも指定をせず1列・2列を選んでしまえばよかったりもします。

固定したい行・列を指定する

1・2行目及び1・2列目以外の部分から固定をしたい場合については、固定したい行と列を指定していきます。

固定したい行を指定する時は画面左部の数字の部分を、列を指定する時は画面上部の英字部分をそれぞれクリックして下さい。そうすることで、行と列それぞれ全体を指定することが出来ます。指定している部分は薄い青色が掛けられるので、見た目で一発でわかります。

行を指定したい時は、数字の部分をクリック 列を固定したい時は、英字部分をクリック

また、行か行のどちらかを指定した後、WindowsだとCtrlキー・Macだとcommand⌘キーを押さえながら残りの方をクリックすれば、行と列の指定範囲を一気に指定することも可能です。

行と列を一気に指定することも可能!

まとめ

ということで、今回はスプレッドシートの行と列を固定する方法についてでした。

改めてまとめると、以下のような感じです。

  • 1・2行目及び1・2列目を固定する場合は、『「表示」タブ→固定』の項目に入りすぐ固定できる。
  • 1・2行目及び1・2列目以外の所で固定する場合は、固定したい部分を指定した上で、『「表示」タブ→固定』の項目から固定する。

右クリックでサクッと固定できるExcelとはちょっと操作感が違うので、私がスプレッドシートを扱っていた時は「あれ、固定の項目がない…」とちょっと困ったりしました。

ツールが違うので操作方法が違うのは当たり前、ということで実際に使っていく中で慣れていければよいですね。私も業務で使っている中で都度どうすればいいか学んでいるような状態ですので、新しい学びがあったら記事にしていければと思います。

それでは!

ABOUT ME
Masayuki Takamura
多趣味なリーマン。音楽・ゲーム・旅行等を中心に、興味を持った事柄について取り上げていきます。