Web

MAMPのダウンロード・インストール方法まとめ!Web開発環境が簡単に構築できるぞ!

MAMP

macにWeb開発環境をローカルに構築する際、「MAMP」というアプリケーションをインストールすると必要な環境が一気に全部揃って超便利でした。

そういう訳で、MAMPのご紹介と、インストール手順についてまとめてみました。

※当記事はMac向けの導入について記載しています。Windowsを利用されている方はご注意ください!

スポンサードリンク

MAMPって何?

MAMPとは、Web開発環境を構築する際に必要な環境を一括でインストール出来る便利なアプリケーションです。

Macintosh、Apatche、MySQL、PHPの頭文字を取って「MAMP」というらしいです。

MAMPでインストールできるもの

先述の内容も含みますが、以下システム・ソフトウェアをインストールできます。

  • Apache
  • Nginx
  • MySQL
  • PHP

ApacheとNginxは、好きな方を選択できるようになっています。

公式ページによるとPython、Perl、RubyもMAMPにも対応出来るみたいです。

これらそれぞれ1つずつインストールしてると中々大変なので、一括してインストール出来るのは非常に便利ですよね。

MAMPのダウンロード手順

MAMPのダウンロード手順についてまとめてみました。

1.オフィシャルホームページに行く

まずオフィシャルホームページにアクセスしてください。URLは以下です。

MAMP公式サイト:https://www.mamp.info/en/

2.MAMPの「Free Download」をクリックする

公式サイトにアクセスすると、「MAMP」と「MAMP PRO」の2種の案内がありますが、今回は「MAMP」をダウンロードしていきます。

MAMPの文字の真下にある「Free Download」をクリックすると、ダウンロードページに飛びます。

「MAMP PRO」とは

「MAMP PRO」は、「MAMP」の上位互換版です。

「MAMP PRO」はホスト数が無制限だったりWordPressのワンクリックインストールが出来たりととても便利ですが、いかんせん有料なので、費用に見合う程使い込むって場合には「MAMP PRO」の導入を検討してもよいかと思います。

「MAMP」「MAMP PRO」の機能比較費用についてはオフィシャルサイトに記載があるので、気になる方は確認してみてください!

3.インストーラーをダウンロードする

「Free Download」からダウンロードページに飛びますので、ご自身のOSの方のインストーラーをダウンロードしてください。そう、名称からMac専用ソフトウェアのようですが、実はWindows版もあるのです。

好きな方をクリックすれば、そのまますぐダウンロードされます。Twitterの表示は無視して大丈夫です。

スポンサードリンク

MAMPのインストール方法

MAMPのpkgファイルをダウンロードしたら、インストールしましょう。

変わった手順は特にありませんが、念の為説明を置いておきますね。

はじめに

「続ける」をクリック

大切な情報

古いMAMPは更新しちゃうからな!と書いてありますね。

特に問題ないので「続ける」をクリック。

使用許諾契約

英語ですが中身を確認した上で、「続ける→同意する」をクリック。

インストールの種類

1.42GBを利用するというお知らせをしてくれました。

「インストール」をクリック後にログイン認証があるので、パソコンにログインする時と同じパスワードを入力してください。

インストールが始まるので、しばらく待ちましょう

完了!

しばらく待った後、インストールが完了します!お疲れ様でした!

MAMP インストール後の設定・確認事項

MAMPをインストールした後の設定や確認事項を説明します。

MAMPを起動してみよう!

「MAMP」を起動するとこんな画面が出てきます。

右側の「Start Servers」をクリックすると、ApatcheとMySQLが起動します。

右側の電源アイコンが緑色になり「Stop Servers」という文字が表示され、右上の「Apatche Server」と「MySQL Server」の横にある緑のライトが点灯します。

中央の「Open WebStart Page」をクリックして、以下のような画面が出てきたらオッケーです。

MAMP初期設定

グローバルメニューの「MAMP→Preference」をクリックすると、全般的な設定をすることが出来ます。こちらを最初に色々いじっておきましょう。

General設定

Generalは起動時と終了時に実行されるアクションが記載されています。

私はMAMP起動時のサーバー自動立ち上げと、MAMP終了時のサーバー自動停止を選択しました。

起動時にMAMP PROへの案内やWebStartページの自動遷移などは、とりあえず外しました。必要って方はチェックを入れておくといいと思います。

ポート設定

「Portタブ」ではApatche、Nginx、MySQLのポート番号を設定することが出来ます。

標準のままだと指定先は「http://localhost:8888」みたいなところになってしまうので、下の方にある「Set Web & MySQL ports to 80 & 3306」をクリックしてポートを変えてスッキリした指定先にしちゃいましょう。

Webサーバーのポートを80、MySQLのポート3306に設定すると、指定先が「http://localhost/」となってとてもスッキリします。

PHP設定

「PHP」タブから、PHPのバージョンを変更できます。

想定する使い方に従って好きなバージョンを指定してみてください。

Web Server設定

「Web Server」タブで、利用するミドルウェアをApacheかNginxのどちらか選ぶことが出来ます。お好きな方をどうぞ。

同時に、ドキュメントルートの場所も設定出来ますので、こちらもお好きなところを指定してください。私は標準のところ(/Applications/MAMP/htdocs/)に置いてます。

MySQL

「MySQL」タブでMAMPに搭載されているMySQLのバージョンを確認できます。

これは変更できないっぽいですね。

Cloud設定

「Cloud」タブで、Cloudサーバーに環境を構築する場合の諸設定ができるようです。

私はCloud機能を使わないので、何が出来るかは具体的には把握してはいません。

PHPの動作確認とバージョン確認をしよう!

PHPの動作確認

PHPがしっかり動作しているか確認しましょう。

テキストファイルで何かしらのPHPファイルを生成しましょう。

私は無難に「hello world!」と表示するプログラム「helloworld.php」を作りました。

<?php
echo “hello world”;

このPHPファイルを「Web Server」タブで指定したドキュメントルートに置き、ブラウザから指定して正常に動いてるか確認してみましょう。

デフォルトの位置かつサーバーのポートを80、MySQLのポートを3306に設定する場合だと、指定先は「http://localhost/helloworld.php」になるかと思います。

上記URLを指定して見ると、無事hello worldが表示されました。オッケー!

PHPのバージョンを確認してみよう!

「Open WebStart Page→TOOLS→PHPINFO」を参照すると、MAMPで利用するPHPのバージョンを参照することが出来ます。

すると、以下のような画面が出てきますので、バージョンを確認してみてください。今回は設定したPHPバージョン7.2.8となっているので、オッケーです!

まとめ

MAMPについてと、MAMPのダウンロードとインストールの手順についてまとめてみました。

私はあまりシステム周りに強いわけではないので、こういった一括でWeb開発環境を構築できるツールはとても有難い限りです!

ただ、無料版だとMAMPに含まれる各システムのバージョンは自由にカスタマイズ出来るわけじゃなさそうなので、特定のバージョンを使いたいって場合は「MAMP PRO」を検討するか何かしら手を入れる必要になってくるかと思います。その点はご注意くださいませ。

それでは!

スポンサードリンク
ABOUT ME
Masayuki Takamura
多趣味なリーマン。音楽・ゲーム・旅行等を中心に、興味を持った事柄について取り上げていきます。