WordPress

【サービス比較】WordPress導入用レンタルサーバーを選んだ手順についてまとめてみた

WordPressでブログを開設する際、絶対必要となるサーバーとの契約。私の生活の中でサーバーとの縁は全くなく勝手もよくわからないので、自分なりにポイントを絞って選んでみました。簡単な表とかも作ったので、よければ参考にしてください。

スポンサードリンク

比較対象サービス選定

今回の比較サービス

・エックスサーバー(wpX, Xdomain)
・さくらレンタルサーバー
・GMOクラウドレンタルサーバー
・ロリポップ
・CPI

選定方法

① Googleで「サーバー WordPress」で検索して、出てきた順に上からクリック。
② トップページを見て、興味が出たサービスを5つピックアップ。

明らかに容量が少なかったり、異様に安いサービスは除外しています。
「興味が出た」というのは何となく直感で「(・∀・)イイ!!」と思ったサービス選んでいます。ホームページを作るためのサービスを選ぶのに、そのサービス事業者のトップページに興味をそそられないのはどうなんだろうと思った為です。
他にももっと優れたものもあるかもしれませんが、とりあえず今回は上記選定方法で選んでいます。

比較ポイント・ルール

比較ポイント

・コスト(初期投資費用&月額費用)
 安ければ安いほどGood(1,000円/月程度を基本とする。)
・ディスク容量
 多ければ多いほどGood
・転送量/日
 多ければ多いほどGood
・その他
 キャンペーンやサービスの内容等、考慮に入れるべき点があればGood

比較ルール

① コスト・ディスク容量・転送量の3点で比較して、各事項ワーストを除外。
② ①で残ったサービスで上記3点を比較。キャンペーンやサービスの内容を加味して決定。

サーバーは上記比較ポイントのバランスが大事だと思っているので、このようなルールにしています。無難なサービスしか残らない気がしますが、サーバーは突拍子もない機能は不要で無難に使えればよいのではないでしょうか。

注意点!

12ヶ月契約した場合の料金設定で比較するので、もっと短期間での契約をされる方はご注意ください。

あくまで個人でブログを開設する方向けの比較になります。

スポンサードリンク

各サービス紹介

エックスサーバー

色々調べる前から目にしたことがありました。
WordPress特化型サービス「wpX」やドメイン取得サービス「Xdomain」も提供しています。

<検討事項>

サービス名

コスト

ディスク容量

転送量/日

初期費用

月額費用

エックスサーバー(X10)

¥3,240

¥1,080

200GB(SSD)

70GB

参照ページ

https://www.xserver.ne.jp/functions/

https://www.xserver.ne.jp/support/faq/faq_service_server.php

さくらレンタルサーバー

こちらも有名どころ。トップページはとても見やすいという印象。

サービス名

コスト

ディスク容量

転送量/日

初期費用

月額費用

さくらレンタルサーバー
(スタンダードコース)

¥1,029

¥515

100GB

80GB

参照ページ

https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/206053142–さくらのレンタルサーバ-基本仕様

http://www.sakura.ne.jp/plans.html

GMOクラウドレンタルサーバー

証券やハンドメイド製品販売サイトなど色々手がけているGMOグループの一員。
ビジネス向けを全面に押し出しています。

サービス名

コスト

ディスク容量

転送量/日

初期費用

月額費用

GMOクラウドレンタルサーバー

(ミニ)

¥5,400

¥934

200GB

記載なし

参照ページ

https://shared.gmocloud.com/iclusta/price/

ロリポップ!レンタルサーバー

こちらはPowerd by GMOペパボ。GMO内でも食い合ってるわけですね。
トップページのデザインは非常にポップ。一番好きかも。

サービス名

コスト

ディスク容量

転送量/日

初期費用

月額費用

ロリポップ(スタンダード)

¥1,500

¥500

120GB

100GB

参考ページ

https://lolipop.jp/pricing/

https://lolipop.jp/support/faq/service/000763/

CPI

auでおなじみKDDIのサービス。

サービス名

コスト

ディスク容量

転送量/日

初期費用

月額費用

CPI(シェアードプラン)

¥0

¥3,800

無制限

無制限

参考ページ

https://www.cpi.ad.jp/shared/shared_spec.html

比較!

さて、全部纏めてみるとこんな感じ。
1年間のコスト総額も追加してみました。

#

サービス名

コスト

コスト総額/年

ディスク容量

転送量/日

初期費用

月額費用

1

エックスサーバー

(X10)

¥3,240

¥1,080

¥16,200

200GB

(SSD)

 

70GB

 

2

さくらレンタルサーバー

(スタンダードコース)

¥1,029

¥515

¥7,209

100GB

80GB

3

GMOクラウド

レンタルサーバー

(ミニ)

¥5,400

¥934

¥16,608

200GB

記載なし

4

ロリポップ!

(スタンダード)

¥1,500

¥500

¥7,500

120GB

100GB

5

CPI

(シェアードプラン)

¥0

¥3,800

¥45,600

無制限

無制限

比較ルール①

コスト総額・ディスク容量・転送量/日で並び替え、各ワーストを除外します。

・年間コスト総額(安い順)
①さくら②ロリポップ③エックスサーバー④GMO⑤CPI

・ディスク容量
①CPI②エックスサーバー・GMO④ロリポップ⑤さくら

・転送量/日
①CPI②ロリポップ③さくら④エックスサーバー⑤GMO

これでCPI・さくら・GMOが脱落。エックスサーバーとロリポップの一騎打ち。

比較ルール②

エックスサーバーとロリポップだけで、もう一度3点で比較し直します。

・年間コスト総額(安い順)
①ロリポップ②エックスサーバー

・ディスク容量
①エックスサーバー②ロリポップ

・転送量/日
①ロリポップ②エックスサーバー

この時点ではロリポップ優位。その他についても考慮します。

・エックスサーバー

 ①MySQL数:50個②自動バックアップ無料③WordPress自動インストール機能あり④無料独自SSL対応可
 ⑤独自ドメイン無料キャンペーン中(2017年7月末当時)

・ロリポップ

 ①MySQL数:30個②自動バックアップ有料③WordPress自動インストール機能あり④無料独自SSL対応可

コストの面では間違いなくロリポップ!のほうが優位。しかし、独自ドメイン取得無料キャンペーンやMySQL数の多さを始めとして、その他サービスまで加味すると、どちらかといえばエックスサーバーの方がよいように感じました。

その為、私は「エックスサーバー」に決定!

あとがき

定量的な比較と(・∀・)イイ!!という主観的な判断を織り交ぜた事で、未知のサービスに対しても納得した選択ができたように思います。
エックスサーバーとの契約の前には一応口コミも調べて、ネガティブなものが少ないかどうかっていうのも念のため確認した上で行動に移しています。1ヶ月ほど使ってみて、特に不便もなく痒いところに手が届く的な気遣い(強固な海外アクセス制限・わかりやすいUI等)が多くて助かっています。

他のサービスは機械的に除外してしまいましたが、コストを追求するならさくら、ディスク容量や転送量を気にするならCPI等、各自の好みに合わせてサービスを選んでみてください!

個人的にはエックスサーバーとロリポップのどちらかが良いように思いました!

それでは!

スポンサードリンク
ABOUT ME
Masayuki Takamura
多趣味なリーマン。音楽・ゲーム・旅行等を中心に、興味を持った事柄について取り上げていきます。