Web

ブログを2年放置したらどうなる?アクセス数と収益化など、当ブログの実例

2年放置していた当ブログを放置していた当ブログの状況について、書いてみようと思います。

「暫く更新できないんだけど、ブログを放置したらどうなるんだろう…?」といった日頃からブログを書いている方の参考になれば幸いです!

ブログを2年間放置していた理由

ブログを放置していた理由は、本業の仕事の方に注力していたためです。転職したことでバタバタしてしまい、時間の捻出が難しくなってしまったのです。これまでやったことないタイプの仕事で、仕事方面の勉強の方に力を入れねば…!とリソースを振り切っていたんですね。

2年経ってようやく落ち着いてきて、ひさびさに色々書いてみたいなと心の中から思えてきたこともあり、PS5の記事など書き始めたという感じです。

放置していたなりに、WordPressやプラグインのバージョンアップはしていて、「環境は最新、記事はそのまま」といった状態で2年間が経過してしまいました。

2年間放置したブログのアクセス数・収益状況

ということで、2年間放置したブログのアクセス数と収益の状況を書いていければと思います。

2019年5月に更新を停止し、そこから一切手を加えていない状態でのガチ実績値です。

アクセス数→全盛期の5分の1くらい

アクセス数は月間25,000PV/月→5,000PVくらいまで減少しました。全盛期から比べると今は5分の1くらいですね。

流入を稼いでいてくれていた記事が複数あり、更新しなくても1年くらい頑張ってくれていました。ただ、度重なる検索エンジンのアップデートで徐々にアクセスが減っていったようです。

とはいえ、まだ月間5,000PVを維持しており、ロングテール化している記事への集客は変わらずあるような状態です。ありがたい限りですね…。

小さくても需要が継続する記事をいくつも書けていたのが要因なのかなと分析しています。

収益→1年目は4万円、2年目は1万円

当ブログについてはGoogle AdSenseとAmazonアソシエイト、その他ASPを利用して収益化をしています。ただ、10割Amazonアソシエイトからの収益です。
(AdSenseは住所確認に手こずって一時停止状態に陥りまともに使えていなかったのと、ASPもしっかり使えていないのです…。)

収益については、放置1年目が4万円、放置2年目が1万円でした。
サーバー代を差し引いてもプラスです。
(収益50,000円 – サーバー代25,000円 = +25,000円)

アクセスがある程度続いていればこうした事もあるんですね。
AdSenseがまともに機能していたらどうなっていたのだろうか…。

収益化ガチ勢だと「こんなに減るんか…」って思われるかもしれませんが、そもそも母数が少ないのと、2年放置していた割にここまでいただけるのであればとてもありがたいですよね。

「しっかり書いた記事は収益を生み続けてくれる」というのもよくわかったので、今後記事を書くときもガッツリ取り組んでいければなと思いました。

記事を放置していた「まとめ」

ということで、2年放置していた当ブログをアクセス数・収益化の面で眺めてみました。

どちらもガンガン減少しているのは間違いないのですが、ある程度しっかり書いた記事は2年経っても流入があり、収益も生んでくれるということがよくわかりました。トレンド記事は一切書いておらず、ロングテール狙いのお役立ち記事を少しずつ投稿していたのが功を奏したのかもしれません。

どんな記事を投稿しているかにもよりますが、この数値変動を見るに1ヶ月くらい放置しても検索エンジンからは見放されないのかも。「ちょっと忙しくてブログ書けない!」って記事があったとしても、1ヶ月くらいなら大丈夫なように思います。

内容が古くなってしまいっている記事もいくつかあるので、今後はリライトも重ねつつ、色々な記事を楽しみながら書いていければいいなぁって思いました。

ということで、ある程度放置しても流入も収益化もできてるよ!という記事でした。なにかお役に立てれば幸いです〜!それでは!!

ABOUT ME
Masayuki Takamura
多趣味なリーマン。音楽・ゲーム・旅行等を中心に、興味を持った事柄について取り上げていきます。