MENU
Web

Macでスクリーンショットを撮る方法!公式機能が十分使える!画像編集や各種設定方法も!

Macでスクリーンショットを撮る方法についてまとめました!

Macでスクリーンショットを撮る方法(ショートカット)

それでは、Macでスクリーンショットを撮影する方法を、ショートカットと合わせてご紹介します。

画面の全体をスクリーンショットで撮る方法

画面全体をスクリーンショットで撮る場合は、以下のショートカットを利用して下さい。

Command(⌘)+Shift+3

現在表示している画面を一発で撮ってくれます。これには、画面上部のメニューバーやDockを含みます。

撮影したスクリーンショットは、デフォルトではデスクトップに保存されます。

画面の選択した部分をスクリーンショットする方法

画面全体をスクリーンショットで撮る場合は、以下のショートカットを利用して下さい。

Command(⌘)+Shift+4

十字のアイコンが表示され、撮影したい範囲をドラッグして選択すると、スクリーンショットを撮ってくれます。

ウィンドウの内部のみスクリーンショットを撮る方法

前述した「画面の全体をスクリーンショットで撮る方法」の場合、メニューバーやDockも入ってきてしまうので、特定のウィンドウのみスクリーンショットを撮影する機能も別にあります。

以下のショートカットを使ってみて下さい。

Command(⌘)+Shift+4を押してからSpace

画面の選択した部分をスクリーンショットする方法と同じく、一旦は十字のアイコンが表示されますが、Spaceを押す事でカメラのアイコンに変わります。

カメラのアイコンが表示された状態で撮影したいウィンドウ上でクリックすると、特定のウィンドウだけのスクリーンショットを撮る事ができます。

Touch Barをスクリーンショットする方法

Touch Bar付きのMacBook Proを使っている方は、Touch Barに表示されているものもスクリーンショットを撮る事が可能です。

以下のショートカットを使ってみて下さい。

Command(⌘)+Shift+6

Mac公式機能でスクリーンショットを編集/加工する方法

Mac公式機能でスクリーンショットを撮ると、デフォルトでは撮影した画面のプレビューが右下に表示されます。

そのプレビューをクリックすると、以下のようにスクリーンショットの編集画面が表示されます。

Mac スクリーンショット 加工

この編集画面では、以下のことを実行可能です。

  • 線の記入(鉛筆、筆)
  • 図形の挿入(直線、矢印、四角、角丸四角、円、吹き出し、星、六角形)
  • テキストの挿入
  • 署名の記入(トラックパッド上で記入、カメラで読み込み)
  • 選択した部分の切り出し
  • 選択した部分の拡大
  • 画像の回転

などなど、画像を編集する際に最低限使う機能は備わっているので、一度触ってみて下さい。

Macでスクリーンショットの各種設定方法

Macのスクリーンショット機能の各種設定方法です。

設定画面を立ち上げる方法

まず、スクリーンショットの設定画面の立ち上げについてです。

以下ショートカットを使って下さい。

Command(⌘)+Shift+5

すると、画面上に以下のようなメニューバーが表示されます。この右端にある「オプション」の項目から各種設定が可能です。

Mac スクリーンショット 設定

スクリーンショット設定だけでなく、以下の事も可能です。

  • スクリーンショットの撮影(左側3つのアイコン)
    • 画面全体のスクリーンショットの撮影
    • ウィンドウ内部のみのスクリーンショットの撮影
    • 選択した部分のスクリーンショットの撮影
  • 動画の撮影(真ん中2つのアイコン)
    • 画面全体の動画の撮影
    • 選択した部分の動画の撮影

何かしら画面を撮影したいと思ったら、Command(⌘)+Shift+5を押してみるとよいかと思います。

保存先を変更する

オプションの「保存先」から、スクリーンショットの保存先を変更することができます。

Mac スクリーンショット 設定 保存先

デフォルトではデスクトップに設定されていますが、それ以外の場所に保存する事ができるようになります。デフォルトで設定できるのは、以下の場所ですが、それ以外の任意の場所に保存することも可能です。

  • デスクトップ
  • 書類
  • クリップボード
  • メール(メールアプリと連携)
  • メッセージ(メッセージアプリと連携)
  • プレビュー(プレビューアプリと連携)
  • その他の場所(任意の場所を設定)

タイマー撮影の時間を変更する

オプションの「タイマー」から、タイマー撮影の時間を変更することができます。

Mac スクリーンショット 設定 タイマー

デフォルトでは「なし」が選択されていますが、5秒か10秒でタイマー撮影することが可能です。

プレビュー表示を無効にする

オプションの「オプション」の中にある「フローティングサムネールを表示」のチェックを外すと、プレビュー表示を無効にすることができます。

Mac スクリーンショット 設定 フローティングサムネールを表示

前述のような画像加工も一気にやりたいという人であれば、こちらはそのままで。

別のツールを使って画像の加工も行うという方は、プレビュー表示する必要は必ずしもないかと思うので、チェックを外してしまってもいいかもしれません。

直前に選択した範囲を記憶させるかどうか変更する

オプションの「オプション」の中にある「最後の選択部分を記憶」のチェックを外すと、プレビュー表示を無効にすることができます。

Mac スクリーンショット 設定 最後の選択部分を記憶

同じ範囲でスクリーンショットを続けるという場合には、チェックを入れたままにしておいても良いかと思います。

同じ範囲が自動選択されるのが気になるという方は、外してしまってもいいかもしれません。

マウスポインタを撮影するかどうか変更する

オプションの「オプション」の中にある「マウスポインタを表示」の項目で、スクリーンショットの中にマウスも含めるかどうかを設定することができます。

Mac スクリーンショット 設定 マウスポインタを表示

マウスポインタを表示したい事もあれば、マウスポインタがあると邪魔という場合もあるかと思います。状況に合わせてオンオフしてくださいね。

まとめ

Macでスクリーンショットを撮る方法をまとめました。

公式機能も意外と充実していて、かなり実用的なレベルになっていました。

私は日頃スクリーンショット用にSkitchを利用しているのですが、最近挙動が怪しい時も多くなってきており、なにか別のアプリがないか探していたところ、「公式機能で十分じゃん!」と気付き今回の記事を書いてみました。

スクリーンショットを撮影しようと考えている方は、是非試してみてくださいね。

それでは!

ABOUT ME
Masayuki Takamura
多趣味なリーマン。音楽・ゲーム・旅行等を中心に、興味を持った事柄について取り上げていきます。