未分類

WordPressでSSL導入を一瞬で行う方法

最近ちょくちょく目にするSSL。アドレス冒頭が「https」になっているものですね。
エックスサーバーなら無料でSSL対応ドメインを取得できるようなので、あるプラグインと合わせて導入してみたら一瞬で適応できました。
非常に簡単だったので、これから対応する方へのご参考として簡単に手順を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

注意点

私はブログ開設と同時にSSL化対応を行ったため、ある程度記事数があるホームページが対応すべき細かい作業(画像リンクのhttpをhttpsに置換等)は発生しておりません。
記事が沢山あるブログでのSSL化については、他HP様を参考にして頂ければより詳細な手順が掲載されていますので、是非検索して頂ければと思います。

また、前述の通り、筆者の環境はエックスサーバーです。他にも無料SSL対応しているサーバーもあるようですので、対応しているサーバーをご使用の方であれば殆ど同じ手順でSSL導入ができるかと思います。

それでは、準備に移ります!

準備したもの

(1)無料独自SSL
            エックスサーバーでは無料で独自ドメインをSSL対応できる機能があります。
            独自ドメインさえあれば、サーバーパネルから秒で取得可能です。手順は後述

(2)Really Simple SSL
   WordPressで作成したHPをSSL対応仕様にセットアップしてくれるプラグイン。

スポンサードリンク

手順

(1)無料独自SSL取得(エックスサーバー使用)

  1. エックスサーバーのサーバーパネル「ドメイン」→「SSL設定」をクリック。

   

  2. 自分の選びたいドメイン名を確認し「選択する」をクリック。
   私は既に対応してしまった後なので、独自SSLが1個と表示されていますが、
   未対応の場合は0個と表示されます。

               

  3. SSL設定の一覧が表示されますので、「独自SSL設定の追加」をクリック。

   

  4. あとは画面の指示通り、SSL対応したいドメインを選択・承認して下さい。
   設定が完了すると、以下のようにアクセス可能である旨が表示されます。
   以上でエックスサーバーでの設定は終了です。
   

(2)Really Simple SSL導入

  通常のWordPressプラグイン導入と同様ですが、最初から記載します。

  1. WordPressツールバー→プラグイン→新規追加と進み、
   プラグインの検索窓にReally Simple SSLを検索。

   

  2. 落書きみたいなかわいい鍵アイコンの該当プラグインが出てきます。
   インストール・有効化すると、再度確認画面が出るので承認します。
   以上で、SSL化終了です。

    

(3)SSL化確認方法

   ツールバー→設定と進むと、アドレスの確認ができます。
   冒頭がhttps://~となっていればOKです。

   

   また、ChromeやFirefoxでホームページにアクセスすると、
   SSL化成功していた場合は、アドレスバーの左上に
   「保護された通信」と表示されます。

   

まとめ

最初は自力でSSL化しようとして、1日以上悪戦苦闘していました。しかし、「Really Simple SSL」を使用したら一瞬で導入完了しました。あの1日は一体・・・
同じように困っている方がいらっしゃれば、是非導入を検討してみてください。

スポンサードリンク
ABOUT ME
Masayuki Takamura
多趣味なリーマン。音楽・ゲーム・旅行等を中心に、興味を持った事柄について取り上げていきます。